オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 作業日記

大阪狭山市茱萸木 N様邸シーリング工事

サイディングボードの継ぎ目のシーリングの打替え工事をしました。長年の雨風や紫外線によって劣化し本来のシーリングの役目を果たせていませんでした。外壁がサイディングボードの場合、早くて7~8年、10年以上経つとシーリングの劣化が進行し雨漏りの原因になる場合があるので打替えが必要です。

 

Before

IMG_0447_R

 

 

After

IMG_1441_RIMG_1442_R

大阪狭山市茱萸木 N様邸足場仮設

この度工事をさせて頂く事になりました、N様邸です。工事予定を長らく待って頂きましたが、これから工事スタートです。ご希望に添えるように頑張りますfutaba.gif

IMG_1418_R

岸和田市松風町 C様足場解体

最終チェックした後、足場解体しました。工事期間中C様ありがとうございましたhana-ani03.gif

IMG_1186_R

 

 

Before

IMG_0472_R

 

 

Afterkira01.gif

IMG_1196_R

 

 

岸和田市松風町 C様シリコンフレックスⅡ②

シリコンフレクスⅡ上塗り2回目塗装しました。この材料は従来のシリコン塗料を凌ぐ高い耐候性があります。塗膜が親水性を持っているので、塗膜に付着した汚れや排気ガスなどの汚染物質が雨水によって洗い流される優れたセルフクリーニング機能を有する塗料です。

26078672.6889151172AE12CFD7D7BAF4FC26A7E9.19030213_RIMG_1111_R

 

雨樋、雨戸、マックスシールド(2液型シリコン塗料)で塗装しました。

26078672.3D7DF28FE488434768778FA8D031E5F2.19030213_R

 

Before

26078672.17A89303022AC4BA5A31CFEA8EC0B78F.19030510_R

 

 

After

26078672.6D8B6DD5DC9FD7B25740D6A447194D8F.19030705_R

岸和田市松風町 C様外壁下塗り 軒天塗装

シールを十分に乾燥させてから下塗りを塗りました。

IMG_1096_R26078672.39265D66B5899AC78718A98B7A04596A.19022612_R

 

 

軒天塗装工事をマルチエースⅡで2回塗りしました。カビの抑制効果で美観を保ちます。艶消しの落ち着いた仕上がりになりました。

26078672.3C6775B983223218496FAD917AC9C385.19022806_RIMG_1097_R

岸和田市松風町 C様シーリング工事

ボードの継ぎ目やサッシ廻りのシーリングが経年劣化の為ひび割れして本来のシールの役割を果たせていませんでした。建物に雨水が侵入して雨漏りの原因にもなります。既存のシールを撤去しシールの密着を良くするプライマーを塗って新しくシールを打ち変えました。

既存シール

38804008.7318B3A60295F9BDC093A35E97FCD870.19030611_R

 

撤去後プライマー

38804008.DC5C72AB762330F213B8FF0B05D81BB4.19030611_R

After

38804008.0D63F48407A93D0BD509AD521D06865E.19030611_R

岸和田市松風町 C様高圧洗浄

塗装工事をする前に外壁を高圧洗浄機で旧塗膜に付着している埃・汚れなどを水洗いにて除去しました。

26078672.5CEF8B2934A81CA2E57724B4D5C77885.19022511_R

岸和田市松風町 C様足場仮設

IMG_1070_R

足場仮設工事です。今日から外壁塗装工事がはじまります。C様、工事期間中宜しくお願い致します。

和泉市唐国 I様邸足場解体

最終チェックをした後、足場解体しました。

IMG_1013_R

 

大雨になると雨漏りする箇所がありお困りだったI様邸。雨漏り診断を行い外壁のひび割れから雨水の侵入があることを発見しました。Uカットシール材充填工法を行い、下地調整をしっかりとし、雨漏りを止めてから外壁塗装をしました。これからは大雨に心配することなくお過ごし頂けることと思います。I様、長い工事期間ありがとうございましたhouse.gif

Before

IMG_0376_R

 

Afterkira01.gif

IMG_1032_R

 

 

和泉市唐国 I様邸付帯部塗装工事

樋・木製破風・小庇・雨戸その他付帯部をマックスシールド(2液型シリコン)で塗装しました。木製破風は木部用下塗りで塗料の吸い込み止めをしてから塗装します。2液型シリコンなので耐候性に優れ美観を長期間保持します。

IMG_0981_RIMG_0982_RIMG_0980_RIMG_0974_RIMG_0975_R