塗装のプロフェッショナル集団“株式会社諸建”

「一級建築塗装技能士」「外壁診断士」「雨漏り診断士」の資格を持つ業歴26年の職人が在籍。高い技術と最大限のサービスを提供します。株式会社諸建の仕事に価値を感じて頂ける仕上がりと適正価格に絶対の自信を持ってご提案させていただきます。

サービス内容はこちら

事業内容一覧

外壁塗装

外壁塗装には、外観をキレイに保つ目的の他に雨水などの浸水による劣化を防ぐといった重要な役割があります。しかし外壁は常に雨風・紫外線にさらされており劣化しやすく、その機能が日々薄れていきます。そのため、定期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要となってきます。朝陽では外壁塗装を行っておりますので是非、お任せください。

作業 (28)

屋根塗装

屋根塗装には、雨風や直射日光から建物を守るとても重要な役割があります。しかし、屋根に昇ってどうなっているのかを知る機会はなかなかありません。見えにくい場所だけにメンテナンスを忘れがちですが、雨漏りの原因となるひび割れや塗装の劣化コケやカビに気づかずそのまま放置しているケースが多いのが現状です。定期的に点検を行い、早めのメンテナンスで住まいを長持ちさせることが可能です。

作業 (4)

鉄部塗装

鉄部塗装とは建物の鉄部に施す塗装のことです。マンションでは鉄骨階段、玄関扉、パイプシャフト、階段手摺、ベランダの手すりやトタン屋根など多く鉄製の素材が使用されています。鉄部は外壁よりも耐久性が短く早く劣化し放っておくとどんどん腐食が進行し塗膜のはがれやサビが発生します。そうした鉄部の外壁塗装ではモルタルやタイルなどにはない「サビの発生」がつきものです。

作業 (24)

内部塗装

外部の塗装だけでなく建物内部の塗装もおまかせください。外部に晒された部分とは違う汚れ、例えば落書きや煙草のヤニで汚れた壁剥がれ落ちた内装なども綺麗に塗装致します。また、内装塗装は塗り替えると見違えるほど室内が明るく感じられます。室内がよりよい雰囲気であれば、気分も良くなります。ほかにも、家具やその他の細かな部分の塗装も承ります。

AdobeStock_322341527-960x640

防水工事

防水工事とは、建築物における降雨水を遮断し、漏水を防ぐことを目的とする工事のことをいいます。壁と壁の隙間やサッシなどの隙間、ベランダなど水が侵入する可能性の高い場所への防水工事で、さらに住宅への保護機能を高めて行きます。経年劣化により、防水機能は失われていきます。定期的なメンテナンスが必要になります!

作業 (2)

シーリング工事

シーリング工事とは、建造物を建てる際の継ぎ目の充填や、老朽化によって建物に生じた隙間やひび割れ部分を、接着性があるシーリング材で塞ぐ作業を指します。この工事を施すことで、建物内に空気・雨水などが浸入することを防ぎ、住空間を保ったり、雨水浸入による部材の腐食を防止し、建物の寿命を延ばすなどの効果にもつながります。

作業3

こんな症状ありませんか?

こんな外壁の症状で困っていませんか?

■壁の塗料が剥がれて見栄えが悪い
■色褪せして汚れている
■ヒビ割れしている
■雨漏りして壁に染み込んでいる
■錆びついて古くなってきた

まだ大丈夫!と思っていても外壁は思った以上に脆くなっているものです。
異変に気づいたらすぐに改修することをおすすめします。

IMG_1802_R

外壁の塗り替えタイミング!こんな時は塗り替えだ!

建物の壁は、年月が経過すると、直射日光の紫外線をはじめ、四季を通しての風・雨・雪など天候条件などで徐々に老朽化していきます。また塗装をする材料の種類や性質、建物の立地条件などでも老朽化のスピードに差が出ます。一般的に言われているのが約10年塗り替えです。

しかし、約5~7年程度に一度の頻度で塗り替えるのが、実は最も効率が良いのです。その理由は、10年以上放置したままの状態から塗り替えを行うと、目には見えない老朽化が進行していて予想外に高額な修繕費用が掛かってしまう場合が多いからです。塗り替えは大事に至る前に行うことが重要です。

DSC00157_R
DSC00156_R

塗装の重要性や仕組み

住宅を建てた後、避けては通れないのが外壁の塗り替えです。一般的にお住まいの健康を長く保つためには、10年に一度は塗り替えた方が良いと言われており、新築で建ててから8~9年経っているのであればそろそろ外壁の塗り替えの準備が必要です。塗装に求める役割は、それぞれの住宅、お住まいのお客様により異なってきますので、気になる症状がございましたら、株式会社諸建までお気軽にご相談ください。