オフィシャルブログ│諸建

オフィシャルブログ

河南町さくら坂M様邸 超低汚染リファイン

付着した汚れを雨水で洗い流す「親水性」、塗膜の劣化要因であるラジカルの発生を抑制「ラジカル制御」、室内の温度上昇を抑え生活環境を快適に「遮熱性」、様々な機能を兼ね備えた【超低汚染リファインSi-IR】を塗装しました。

IMG_5421_R

 

屋根は【シャネツサーモ】を塗装しました。この材料も遮熱効果に優れています。

IMG_5534_R

河南町さくら坂M様邸 外壁塗装工事

外壁シーラー塗装しました。

IMG_5397_RIMG_5394_R

 

軒天・破風にアステックマルチエースⅡを塗りました。マルチエースⅡはカビの抑制効果があり、美観を保ちます。

IMG_5423_RIMG_5425_R

河南町さくら坂M様邸 屋根塗装

遮熱用下塗りを塗りました。棟板金はエポキシ系錆止めを塗りました。

IMG_5360_RIMG_5405_R

タスペーサー(縁切り部材)をカラーベストの重なり部分に挿入しました。

IMG_5408_R

 

河南町さくら坂M様邸 シーリング工事

サイディングの継ぎ目のシーリングが、経年劣化によりひび割れ剥離していたので既存のシーリングを撤去し新しく打ち替えました。これ以上そのままにしておくと雨水の侵入により雨漏りの原因になります。

Before

IMG_4897_RIMG_5392_RIMG_5390_RIMG_5389_R

 

After

IMG_5365_R

河南町さくら坂M様邸 高圧洗浄

足場を組んだ後、一番初めの作業は高圧洗浄です。長年のおうちの汚れを綺麗に洗い流します。屋根はコケの発生が見られたので、完全に除去し塗装が出来る状態にします。

IMG_5330_RIMG_5331_R

外塀や駐車場の床もコケを除去しました。

IMG_5336_RIMG_5338_R

 

 

 

河南町さくら坂M様邸 足場仮設

本日、足場仮設工事終わりました。まずは工事初日無事に終了しました。お客様のご希望に添えるよう職人一同、まじめに丁寧に取り組んでまいりますfutaba.gif

IMG_5296_RIMG_5297_R

メタリック塗装

本日は、シャッターの塗装をしました。自動車用塗料(2液型アクリルウレタン)でメタリック仕上げに吹き付けをしました。メタリックはムラになり易いので、何度も何度も吹き付けをして、色を付けました。最後にクリア-も何度も繰り返し吹き仕上げました。車のボディーのようにピカピカになりました。

シャッター4_Rシャッター3_R

 

Before

シャッター_R

Afterkira01.gif

シャッター2_R

大阪狭山市B様邸 塀ジョリパット

左官補修をして十分に乾燥した後、エフロレッセンス(白華現象)防止、上塗りとの密着性に優れた下塗りを塗りました。

上塗りはジョリパットの、洋風にも和風にもみえるエンシェントブリック(模様の名称)で建物と違和感のない、いい感じに仕上がりました。

IMG_5001_R

 

古くなって錆びた門柱灯をLEDの新しい門柱灯に交換しました。

Before

image1_R

After

IMG_5026_R

 

大阪狭山市B様邸 塀左官工事2

捲った後1日乾燥させて、密着性に優れたカチコテ(カチオン系ポリマーセメント)で補修しました。

IMG_4998_R

大阪狭山市B様邸 塀左官工事

今回は、ブロック塀の膨らみが気になるので綺麗に直してほしいとのご依頼です。

image1_RIMG_4974_R

コンクリートブロックは水分を吸収しやすい性質(雨上がりにブロックが湿っている事がありますよねame02.gif)を持っています。雨水や地面から吸い上げた水分を外に排出しようとする事から塗膜の膨れの原因となります。

見た目に分かりにくいですが、膨れのない箇所についてもブロック塀と塗膜が密着していない場合があります。打診調査によって劣化箇所を見つけ全て捲ります。

IMG_4978_R

打診調査によって発見した劣化箇所がたくさんありました。