オフィシャルブログ

河南町さくら坂 K様邸下地調整

Share on Facebook
LINEで送る

軒天・破風の下地調整をしました。以前は軒天にケイカル板を張りジョイント部分にパテをして塗装していましたが、パテをした部分が割れてきたり塗膜のめくれがおきたりするので、現在はほとんどパテをしない施工になっています。

K様邸ではそのような割れ・めくれが発生しており、まず既存塗膜のめくれている所をオービタルサンダーで削り取り、段差をできるだけ無いようにしました。

IMG_1856_R

 

ジョイント部分は割れにくくする為伸縮性のあるコーキングを打ってからシーラー(下塗り)を塗りました。

IMG_1860_R

 

外壁は下地がセラミックなので、エポキシ系シーラーでしっかりと浸透させるように塗りました。

IMG_1861_R

 

IMG_1859_R

左側→シーラーを塗る前  右側→シーラーを塗った後